メンズ

我々の生活を脅かす|ダニ駆除で暮らしを守ろう

巣ができた場合の対処

ハチ

巣ができる場所

キイロスズメバチは多種存在するスズメバチの中でも、特に人間に対して危害を与えやすい種類である。キイロスズメバチの巣は風雨をしのげる場所であればいたるところに作られる。例えば家屋、倉庫の軒下や公園の遊具の中などである。こういった人間にとって身近な場所に巣を作ることもあり、人間に対して危害を加えやすい。また、1つの巣で1000匹以上の蜂が活動し、巣のサイズも非常に大きくなる。活動期間は4月から11月ごろと半年にわたる。キイロスズメバチを含め、スズメバチで特に注意が必要なのがアナフィラキシーショックあり、最悪の場合、死に至る。このように、身近に死に至らしめるような生物が存在するは非常に危険性が高いことから、巣を確認したら速やかに駆除することが必要となる。駆除するまでは巣にはなるべく近づかないようにする。

対策の実行

キイロスズメバチの駆除には、まず刺されないように皮膚を露出させない防護服を身に着ける必要がある。ハチは夕方から夜間にかけて巣に戻り活動を低下させるので、駆除はこの時間帯に実施する。駆除に用いるのは殺虫剤である。巣にはハチが出入りするための穴が1箇所開いているので、巣から少し離れた場所からこの穴に向かって殺虫剤を噴霧し、これをキイロスズメバチの羽音がしなくなるまで継続する。その後、巣を撤去する。巣を撤去する際は、可能であれば出入り口を塞いで残ったハチが出られなくしておくと安全である。撤去した巣はポリ袋に入れて密封してから廃棄する。駆除した後、戻りバチが帰ってくる場合があるので、当面は注意が必要である。なお、キイロスズメバチは獰猛なため、駆除を行う場合は専門業者に委託することが望ましい。